2006-08-15: WAR!

Jump to: navigation, search


BNNMasthead.gif
Global Edition


WAR! / 戦争

Author: Draconi Published: August 15, 2006


Britannia is at war with the Ophidians. Skara Brae, Serpent’s Hold, Vesper, and Papua lay drenched in the dark blood washing across our land. We fight against the blackest sort of evil: an evil which does not discriminate between soldier and innocent. An evil that has confounded our magical protections and abilities, and seized the very heart of cities which once knew only peace and commerce.

The Britannian News Network cannot print it boldly enough: we are at war, and we bear a terrible cost. We urge every citizen to stand vigilant in this dark time, and prepare for the battle that may come soon to your doorsteps.

Communication from Serpent’s Hold has been cut off completely, but we managed to meet with the commander of Skara Brae’s defenses shortly before the Ophidians pushed further into the city, forcing us to flee the isle by ship. Readers will note that there has been no official response from Castle Britannia, and that the militia stands alone except where aided by the citizenry.

Commander Reginald has asked us to print a letter from a field subordinate concerning the invading forces. We hope that any volunteer willing to face the Ophidians will take heed of the intelligence passed on here:

To Commander Reginald, Skara Brae

Sir, we got it. It was just like you thought. We got one of their leaders on the docks, afore they began crossing over. I won’t bore you with the details. I’ll warn you, though, be wary of the Ophidian healers. The snakes can heal fiercely, I saw a nearly dead snake get healed up in seconds. I figure the best thing to do is get your best out there first and hit those first, then let the rear guard fall on their front lines.
Oh. Hedge and Tiggs didn’t make it. I’m sorry, there was nothing we could do. I’ll write the letters, of course, and forward them to you for approval once we get these snakes out of our city.
The mages can’t explain the barrier failures, but they’re working on it. Sergius examined the map we got off the dead Ophidian’s body – there’s a scribed copy enclosed. I marked out more clearly where it looks like they were going to hit. The best I can say is to hit their front line with whatever we’ve got and try to push them back.
Good luck, sir.
Yours respectfully,
Tiberius, Lieutenant

On behalf of the citizens of Britannia, we wish to thank Lieutenant Tiberius for his sacrifice. After receiving the letter Commander Reginald attempted to lead a small force behind enemy lines to reach the lieutenant, but their squad had already been overrun.

We will not surrender, nor give any quarter against our merciless foe. Even as our citizens rail against Britain and question the lack of military response, we know that the people themselves will stand against even the greatest challenge, all to claim that most glorious of victories: peace.


ブリタニアはオフィディアンとの戦争に突入しました。スカラブレイ、サーペンツホールド、ベスパー、そしてパプアでは、大地を漆黒の血で洗うような戦いが行われています。我々は軍人も民間人も無差別に殺害する、この世で最も邪悪な生物たちと戦わねばなりません。奴らは街の魔術的な防御を打ち破り、かつては平和と貿易のシンボルだった街の中心を占拠しています。

戦時下では多くの犠牲に耐えねばなりません。ブリタニア・ニュース・ネットワークも、こうした状況のもとで発行が難しくなりつつあります。我々はこの暗黒期の訪れに対し、すべての市民に昼夜に渡る警戒を促し、足元に迫った戦いに備えています。

サーペンツホールドからの通信は完全に途絶えました。しかし、我々はオフィディアンたちが市街地に押し寄せ、船で島から脱出することを余儀なくされる前に、スカラブレイの防衛司令官と会見することに成功しました。ブリタニア統治評議会からの公式回答はなく、市民軍は一般市民からの援助だけを頼りに戦っていることは、既に読者の皆さんもお気づきのことでしょう。

レジナルド司令官はオフディアン軍の侵攻について、現場の部下からの手紙を印刷することを我々に依頼しました。オフィディアンと戦っている勇敢な志願兵は、この街を通過する知性を持ったオフィディアンたちに注意してください。

スカラブレイのレジナルド司令官様へ

閣下、我々はあるものを手に入れました。それは、あなたが考えたとおりのものでした。前述のとおり奴らは渡航を開始し、我々は波止場で奴らのリーダーの一人を倒しました。その詳細は驚くべきものでした。警告します、Ophidian Healerに用心してください。奴が近くにいるだけで、蛇どもは猛烈な勢いで回復していきます。死にかけた蛇が数秒で回復する光景といったら……。行うべき最善の策は、まず前線で全力を尽くしてOphidian Healerを素早く倒し、それから後衛を叩き伏せることでしょう。

ああ……。ヘッジとティグスが失敗したようです。申し訳ありません、私たちができることはもう何もないようです。もちろん、私は手紙を書き、一度でも街の外へこの蛇どもを追い出すことができたら、承認を得るためにあなたに送るつもりです。

魔法使いたちは魔術障壁が破られた理由を説明することができませんが、原因の究明に取り組んでいます。セルギウスは、殺したオフィディアンの死体から手に入れた地図を調べてくれました(手書きの写しを同封します)。奴らが攻撃しようとしていた場所を明確にするために印をつけておきます。最後になりますが、この侵攻を押し戻すためには、何としてでも奴らの前線を打ち破らなければなりません!

幸運をお祈りいたします。

敬白

ティベリウス中尉より


ブリタニアのすべての市民に代わって、ティベリウス中尉に感謝いたします。手紙を受け取った後でレジナルド司令官は、敵軍前線後方にいた小隊を指揮して中尉を助け出そうとしましたが、そのとき既に彼らの隊は壊滅していました。

我々は降伏することも、この非情な敵に対して何ら譲歩することもないでしょう。市民がブリテインをののしり、評議会から何も回答がないことを問題にするときでさえ、我々は知っています。人々自身が偉大な挑戦のために立ち上がることを。勝利の栄光を勝ち取るたった一つの理由、そう……平和のために。

InfoFooter UOFiction