2004-06-22: 国王主催によるロード・ブラックソン追悼式

Jump to: navigation, search


BNNMasthead.gif
Global Edition


国王主催によるロード・ブラックソン追悼式 / Memorial ceremony of Road Blackson hosted by the King

Author: Molly Maguire Published: June 22, 2004


ロード・ブリティッシュ(Lord British)は先頃他界されたロード・ブラックソン(Lord Blackthorn)の追悼式を開催した。彼はかつて王の盟友であった。

国王はキャッスル・ブリタニアの玉座の間に参加者を招き入れた。ロード・ブリティッシュの短い挨拶の後、全員がロード・ブラックソンの亡骸が安置されているフェルッカにあるブラックソン城の外庭に向かった。

ロード・ブラックソンは、レディ・ドーン(Lady Dawn)と、そしてサーペンツホールドとユーの街を相手取って戦いを始めたのちに倒された。彼がエクソダス(Exodus)の名で知られる邪悪な存在の影響を受けてからというもの、数年間続いていたブリタニアに対する彼の攻撃は最高潮に達していた。ロード・ブリティッシュが遠征から引き返して来たのは、ロード・ブラックソンの死がきっかけであるとも言われている。

式にはロード・シャミノ(Lord Shamino)やジョフリー卿(Sir Geoffrey)、宮廷魔道師クレイニン(Clainin)そしてロイヤルガード指揮官のエレイン・ベイフェリー(Elaine Bayfery)といったそうそうたる面々も出席していた。


ロード・ブリティッシュは、かつてロード・ブラックソンとの間に結んだ友情に向けて、おごそかで心に沁みるスピーチを行った。その内容は以下の通りである。

『我が盟友ロード・ブラックソンは死んだ。そして私は彼の死を悼んでいる。彼は巨大な悪にとり憑かれ、そして命を落としてしまった。我々はしばしば不和であったこともあるが、彼の没落に私の心は痛んでいる。』

また王は遠征での予期せぬ出来事の体験談や、ロード・ブラックソンの生涯と死、そしてブリタニアの国の状況についても語った。

『不死の宝珠のかけらの一つ一つに、ソーサリアの完璧なレプリカが存在し、それぞれのソーサリアには我々の完璧な生き写しが存在し、別々のロード・ブリティッシュが別々のブリタニアを統治しているのである。私はこれらのソーサリアを一つにまとめてしまい、そうすることによって我々を苦しめている邪悪の力を取り除くことができるのではないかと考えた。』

『しかし、私はそれらの世界を一つにしようという試みを捨てようとしている。私の他の分身たちは全ての決定において私と一致し、私たちはそもそもが一つだったのである。今、そしてこれからもロード・ブリティッシュはただ一人しかいない。しかし、全ての民はもし望むならば、それぞれが個として生き続けることができる。この世界とそこに暮らす民と、他界した我が友に敬意を表し、私はこれからはソーサリアに対する私自身の秩序という観念を押し付けることはしないだろう。』

そしてロード・ブリティッシュはロード・ブラックソンの棺が封印される直前に、魔法のアーティファクトがいくつか隠されているのを感じとった。そして噂によればそれは不死の宝珠のかけらであるということだ。評議会の代表はまだこの事実を確認していないが否定もしていない。

ロード・ブリティッシュは、一人でかつての盟友の喪に服したいとスピーチの後すぐに退席した。その後、参列していた主要な面々もその場を後にしトランメルのキャッスル・ブリタニアへと帰っていった。

全てのブリタニア国民には故ロード・ブラックソンに敬意を表するよう奨励された。彼の亡骸はフェルッカのブリテインのカウンセラーギルドの北、ブラックソン城のすぐ外側にある野外の霊廟に安置されることとなった。


Lord British held the memorial ceremony of Lord Blackthorn who passed away last time. He used to be a king's ally.

The king invited participants during the throne of Castle Britannia. After a short greetings by Lord British, everyone headed for the outer garden of Blackson castle in Felucca where Lord Blackson's dead was resting.

Lord Blackson was knocked down after fighting against Lady Dawn and the city of Serpent's Hold and You. His attack against Britannia, which had been running for several years since he was influenced by the evil existence known under the name Exodus, has reached a climax. It is said that the road and Blackson's death was the reason that Lord British came back from the expedition.

The ceremony was also attended by such people as Lord Shamino, Lord Shamino, Sir Geoffrey, Courtly Mageist Clainin, and Royal Guard Commander Elaine Bayfery.


Lord British made a speech in a heartfelt speech towards friendship formerly with Lord Blackson. The contents are as follows.

"My allies Lord Blackson is dead. And I mourn him for his death. He was haunted by a huge evil and lost his life. Although we have often been discordant, my heart is sore in his downfall. "

The King also talked about experiences of unexpected events in the expedition, the life and death of Lord Blackson, and the situation of Britannia's country.

"There is a perfect replica of Sosaria in each piece of immortal treasure, our percolation is present in each Sosaria, and separate Lord British govern different Britannia It is. I compiled these sorceries into one and thought that I could remove the power of the evil that afflicts us by doing so. "

"But I am trying to abandon the attempt to make those worlds one. My other alter ego was consistent with me in all the decisions, we were originally one. Right now and the future there is only one Lord British. But all the people can continue to live as individuals if they wish. In honor of this world and the people living there, my friend who passed away, I will not bear the idea of ​​my own order against Sosaria from now on. "

And Lord British felt some magical artifacts hidden just before Lord Blackson's coffin was sealed. And according to the rumor it is a piece of immortal gem. The representative of the council has not confirmed this fact yet, but has not denied it.

Lord British left shortly after his speech that he wanted to be alone in the mourning of his allies. After that, the main members who were present were also left behind and returned to Trammel's Castle / Britannia.

All Britannian citizens were encouraged to pay tribute to the late Lord Blackson. His dead was settled in the outdoor mausoleum just outside Blacksung Castle in the north of Felucca's Britain's counselor guild.

InfoFooter UOFiction